メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

躍動の予感

第90回都市対抗野球 36代表の横顔/2

終盤で粘り強さ 横浜市・三菱日立パワーシステムズ(西関東第1) 4年連続11回目

 西関東2次予選の代表決定リーグは、東芝、JX-ENEOSとの争いを、ともに逆転勝ちで制した。劣勢でも終盤で粘り強さを発揮できるのが今年のカラーだ。

 右腕・大野の復帰が心強い。昨年3月に右肘靱帯(じんたい)の再建手術を受け、昨季はリハビリに専念した。今季当初は中継ぎで調整を重ねてきたが、東芝戦では持ち味の制球力を見せ4安打2失点の完投勝利。完全復活をアピールした。

 高卒3年目の左腕・浜屋にも期待が懸かる。最速146キロの速球に加え、今年はフォークで空振りを取れる…

この記事は有料記事です。

残り576文字(全文849文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです