メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

躍動の予感

第90回都市対抗野球 36代表の横顔/3

主将としてチームを引っ張る宮崎梅田学園の中武=矢頭智剛撮影

厚みある投手陣 川崎市・東芝(西関東第2) 11年連続41回目

 春先から順調な歩みを見せている。JABA3大会は、東京スポニチ大会準優勝、四国大会優勝と続き、京都大会も4強に残った。

 エース岡野は安定感抜群だ。JABA大会5試合に登板し2完封を含む3完投で4勝。34回を投げ2失点で防御率は0・00だった。第2代表を争った西関東2次予選のJX-ENEOS戦は「今年最も調子が悪かった」と言いながら、緩急を付け2失点完投でまとめる巧みさを見せた。

 2年目右腕・宮川の成長も見逃せない。2次予選で自己最速の154キロをマークした。変化球の切れも昨年…

この記事は有料記事です。

残り587文字(全文859文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  2. 再思三省 第78回 ラグビーW杯始まります

  3. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  4. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  5. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです