メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
躍動の予感

第90回都市対抗野球 36代表の横顔/6

第1代表決定戦に先発し、8回無失点と好投した鷺宮製作所の野口亮太=神宮球場で2019年6月3日、吉田航太撮影

5年目野口が柱 東京都・鷺宮製作所(東京第1代表) 2年連続14回目

 4月のJABA静岡大会で準優勝し、日立市長杯は初優勝。勢いそのままに2年連続の東京第1代表を勝ち取った。それでも就任5年目の目良監督は「(バントなどの)課題を克服したら、もっともっと強くなれる」と手綱を緩めない。

 投手陣は5年目左腕・野口が大黒柱だ。130キロ台の直球と、スライダー、チェンジアップを内外に散らす。2次予選は16回余りを投げて1失点。国際武道大出身の新人・平川が全3試合で抑えを務めた。140キロ台後半の直球で押す右腕は、ピンチでも動じない。

 打線は、少ない好機を確実に得点に結びつける。東洋大4年春に外野手で東都リーグベストナインに輝いた新…

この記事は有料記事です。

残り556文字(全文870文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  4. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  5. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです