メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊都市対抗

ドームの主役、俺だ 来月13日開幕

鹿嶋市・日本製鉄鹿島/能間隆彰投手=真下信幸撮影

 第90回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は、出場36チームと組み合わせが決まり、7月13日の開幕まで1カ月を切った。今年は記念大会のため、出場数は例年より4チーム多い。激しい代表争いが繰り広げられた2次予選。東京ドームでも活躍が期待される本大会出場の立役者たちを紹介する。

94球、力まず完全試合 鹿嶋市・日本製鉄鹿島 能間隆彰投手(27)

 北関東第1代表に決まった瞬間もマウンド上で歓喜の輪の中心にいた。2次予選2試合で計10回を投げて、一人の走者も許さない完璧な投球を披露した。東洋大出身の6年目左腕は「やっとチームに貢献できた」としみじみと語った。

 圧巻の投球を見せたのが予選初参戦のエイジェックとの準決勝だ。低めの直球を見せ球にして、カットボール…

この記事は有料記事です。

残り1953文字(全文2288文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. かんぽ生命と日本郵便に一部業務停止命令へ 金融庁 両社の調査外で不正

  2. 一時閉鎖した「明るい廃虚」のピエリ守山が超人気スポットに再生した理由

  3. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  4. 反社会的勢力の定義困難「お困りであれば警察に」 16日午前の菅官房長官会見詳報

  5. 女の気持ち プライドを捨てて 兵庫県姫路市・朝見房子(主婦・77歳)

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです