メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊都市対抗

記録で振り返る 個人通算最多14本塁打 東海市・新日鉄名古屋 杉山孝一さん(56)

第57回大会2回戦、浜松市・河合楽器戦の八回、金沢市・NTT北陸の杉山孝一(新日鉄名古屋からの補強)が3打席連続本塁打となる右越えソロを放つ=後楽園球場で1986年7月29日

大会史上初の3打席連続弾

 大会史上最も多くの本塁打を放った一人が、新日鉄名古屋(現日本製鉄東海REX)に所属した杉山孝一さん(56)だ。

 金沢市・NTT北陸に補強された第57回大会(1986年)、浜松市・河合楽器との2回戦で3打席連続本塁打を放ったのを皮切りに、通算14本のアーチを描いた。

 岐阜南高卒5年目、当時23歳だった右の強打者は4番・左翼で先発出場した。2点を追う四回に左中間ソロを放ち、五回にも左…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文510文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. 粗悪ホイール販売容疑 カー用品大手「オートウェイ」社長ら3人逮捕

  4. ヤフーとLINE経営統合へ 月内にも基本合意目指し、最終調整

  5. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです