メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊都市対抗

ドームの主役、俺だ 来月13日開幕

北関東第1代表決定戦の九回から登板した日本製鉄鹿島の能間隆彰=茨城県日立市の日立市民球場で2019年6月2日、真下信幸撮影

 第90回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は、出場36チームと組み合わせが決まり、7月13日に東京ドームで開幕する。今年は記念大会のため、出場数は例年より4チーム多い。激しい代表争いが繰り広げられた2次予選。東京ドームでも活躍が期待される本大会出場の立役者たちを紹介する。

 北関東第1代表に決まった瞬間もマウンド上で歓喜の輪の中心にいた。2次予選2試合で計10回を投げて、一人の走者も許さない完璧な投球を披露した。東洋大出身の6年目左腕は「やっとチームに貢献できた」としみじみと語った。

 圧巻の投球を見せたのが予選初参戦のエイジェックとの準決勝だ。低めの直球を見せ球にして、カットボールや打者の手元で沈むツーシームで凡打の山を築く。27人で打ち取り、94球で完全試合を達成した。内野ゴロで奪ったアウトは16個に上った。3ボールにしたのは1度だけ。四死球で自滅した4月のJABA日立市長杯とは別人のような、抜群の制球力を発揮した。

この記事は有料記事です。

残り1865文字(全文2287文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「俺コロナだけど」 ドラッグストアの業務妨害容疑で54歳男逮捕 埼玉

  2. 休業や自粛要請「国が損失補償を」全国知事会が緊急提言

  3. コープこうべ、開店後30分間を高齢者ら専用に 「知らなかった」引き返す一般客も

  4. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  5. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです