メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊都市対抗

社会人野球・監督考 宮崎市・宮崎梅田学園 大塚健司氏(35)

宮崎梅田学園・大塚健司監督=宮崎市田野町で2019年6月6日、黒澤敬太郎撮影

選手の声聞き 若手に機会

 --就任1年目で本大会初出場に導いた。

 ◆今年の予選は雨天順延がなくて7連戦となり、体力的にも厳しかった。今まではベテランにおんぶに抱っこだったが、外野手の花堂や捕手の国師ら若手が少しずつ育ち、チームが活気づいたことが勝因の一つ。今年は(記念大会のため)九州代表が2枠から3枠になり、周囲の期待が大きかったこともよい力になった。

この記事は有料記事です。

残り607文字(全文784文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「常勝ホンダ」投打かみ合い優勝 NTT東日本は先発・沼田踏ん張れず 都市対抗

  2. 安倍前首相、自身への事情聴取要請「聞いていない」 「桜」前夜祭

  3. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  4. 橋戸賞にホンダ井上 久慈賞はNTT東・向山 若獅子賞はホンダ朝山ら 都市対抗

  5. 大阪モデル赤信号点灯 吉村知事「医療非常事態宣言」 重症病床使用率66%

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです