メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
月刊都市対抗

記録で振り返る 個人通算最多14本塁打 東海市・新日鉄名古屋 杉山孝一さん(56)

第57回大会2回戦、浜松市・日本楽器戦の八回、金沢市・NTT北陸の杉山孝一(新日鉄名古屋からの補強)が3打席連続本塁打となる右越えソロを放つ=東京・後楽園球場で1986年7月29日

大会史上初の3打席連続弾

 大会史上最も多くの本塁打を放った一人が、新日鉄名古屋(現日本製鉄東海REX)に所属した杉山孝一さん(56)だ。

 金沢市・NTT北陸に補強された第57回大会(1986年)、浜松市・河合楽器との2回戦で3打席連続本塁打を放ったのを皮切りに、通算14本のアーチを描いた。

 岐阜南高卒5年目、当時23歳だった右の強打者は4番・左翼で先発出場した。2点を追う四回に左中間ソロを放ち、五回にも左…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文510文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  4. 衝突した車運転の男をひき逃げ容疑などで逮捕 栃木・鹿沼炎上事故2人死亡

  5. 「期待に応えられなかった」青島氏 与党テコ入れ利かず 埼玉知事選

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです