メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

躍動の予感

第90回都市対抗野球 36代表の横顔/15

日本通運の3番・関本=吉田航太撮影

投打に粘り強く さいたま市・日本通運(南関東第3) 5年連続44回目

 一昨年の本大会準優勝メンバーを中心に土壇場で粘り強さを発揮した。本大会出場の最後のチャンスだった南関東第3代表決定戦で日本製鉄かずさマジックに競り勝ち、藪監督は「苦しい中で底力を出してくれた」と選手をたたえた。

 打線の要は関本、北川の3、4番だ。代表決定戦は共に適時打を放ち、2人で2次予選全16打点のうち10打点を稼いだ。いずれも準優勝を知る俊足巧打の2番・手銭、社会人日本代表経験を持つ9番・木南も打率4割台。実力者が並ぶ打線はしぶとい。

 一方、投手陣はチーム防御率3・82と苦しんだ。収穫は救援陣の好投だ。3年目左腕の相馬は代表決定戦で…

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文851文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 女性刺殺事件、直前の容疑者写真公開 グレーのハーフコート、新潟駅周辺で撮影

  3. 沢尻エリカ容疑者を送検 麻薬取締法違反容疑

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 京都成章6大会連続の花園 京都工学院降しV 高校ラグビー

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです