メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全日本クラブ野球選手権

1次予選・県大会 茨城GG、4強 つくばク、全鹿嶋倶、鹿島レも /茨城

【大宮ク-つくばク】五回裏つくばク1死一、三塁で斎藤が右前に同点適時打を放つ=茨城県日立市民球場で

 社会人野球の第44回全日本クラブ野球選手権大会(日本野球連盟、毎日新聞社主催)の1次予選・県大会が29日、日立市民球場などで開幕し、1回戦4試合が行われた。つくばクラブは敵失で決勝点を奪い、大宮クラブにサヨナラ勝ち。茨城ゴールデンゴールズは3投手の継投で3本塁打を放ったオール日立ドリームズの反撃をかわした。2桁安打をマークした全鹿嶋倶楽部は全水戸クラブに打ち勝ち、鹿島レインボーズは延長タイブレークの末、全神栖クラブを振り切った。

 30日は同球場で準決勝(代表決定戦)と決勝(第1・第2代表決定戦)を予定している。代表2チームは全国大会への出場権を争う2次予選・関東大会(7月27日開幕、さいたま市、栃木県足利市)に出場する。【佐藤則夫】

この記事は有料記事です。

残り511文字(全文832文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「武漢 加油!」マスク、ゴーグル、ゴム手袋…緊急援助物資、中国へ続々 新型肺炎

  2. 新型肺炎感染のバス運転手と接触か 大阪市で1人入院 府が公表 容体不明

  3. 「500万人が外に出た」新型肺炎で封鎖の武漢市長明かす 成田に9000人移動か

  4. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  5. 新型肺炎感染のバス運転手、山梨に3泊 観光地数カ所回る

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです