メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

躍動の予感

第90回都市対抗野球 36代表の横顔/17

北信越代表決定戦に先発し、8回1失点と好投した信越クの中村海誠=長野市の長野オリンピックスタジアムで2019年6月10日、竹内紀臣撮影

若さ武器に成長 長野市・信越ク(北信越) 2年連続24回目

 補強を含む24選手中、新人は11人という若さが武器。NTT信越からクラブチームに移行後、10回目の出場で、4年前の第86回大会で日立市・日立製作所を破って以来となる3回目の企業チーム打倒を目指す。

 投手陣は総力戦となりそうだ。2次予選の中心は新人で左腕の中村。横手からの制球力を身上とし、ストレートを動かしながらカーブやスライダーを組み合わせて、打者のタイミングを外す。試合を締める右の三森は直球に威力がある。

 打線にも5人の新人が並ぶ。トップの百目鬼は思い切りが良く長打力がある。上位を任される枝川、駒瀬を加えた新人トリオの出塁が得点力アップのカギとなる。確実に走者を進めながら相手にプレッシャーをかけ、柳らの中軸につなげたい。

この記事は有料記事です。

残り506文字(全文851文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 14歳長女「勇気振り絞りここに」 父がパワハラ自殺「水道局は反省を」 新潟で集会

  2. ソフトバンク本拠地が「ペイペイドーム」に看板掛け替え

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  5. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです