メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
悲願の軌跡

シティライト岡山・都市対抗野球初出場/1 諦めなかった中国予選/上 土壇場の同点劇、転機に /岡山

最後の一球を投げきり、マウンドにかがみ込む児山祐斗投手に駆け寄るシティライト岡山の選手たち=岡山県倉敷市のマスカットスタジアムで2019年6月3日、松室花実撮影

 社会人野球の「真夏の祭典」、第90回都市対抗野球大会(7月13日開幕、東京ドーム)に、シティライト岡山が創部12年目で初出場する。岡山市に拠点を置くチームが出場するのは47年ぶり。悲願の全国大会出場を成し遂げたチームの軌跡を追う。【松室花実】

 その瞬間、思わず全身の力が抜けた。6月3日、倉敷市のマスカットスタジアムで行われた、三菱重工広島(広島市)との中国予選の第2代表決定戦。九回、1点差に迫られてなお2死一、二塁。一打同点のピンチが続いたが、マウンドの左腕・児山祐斗投手(23)は、カウント2-2からこん身の力を込め、外角に直球を投じた指先から感じ取った。「きょう一番のボールだ」。球審がストライクをコールし、見逃し三振で試合終了。「何よりほっとした」と、額が両膝につくほど体を曲げてかがみ込んだ児山投手を中心に、歓喜の輪が広がった。

 2007年秋に創部し、プロ野球選手を3人輩出してきたが、夏の都市対抗、秋の日本選手権には、これまで…

この記事は有料記事です。

残り601文字(全文1022文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. G20会場近くに煙玉 元大阪府警巡査部長を偽計業務妨害容疑で逮捕

  2. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  3. ORICON NEWS 話題の漫画『死役所』、テレ東で初映像化 シ村役は松岡昌宏「ある種新しい境地」

  4. 磯部温泉 安中市、「恋人の聖地」に 「結び処」を設置、カップル呼び込め /群馬

  5. オアシスのとんぼ 輸出規制に反発するソウルの夏 「反日」ためらい「NO安倍」に

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです