メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
躍動の予感

第90回都市対抗野球 36代表の横顔/18止

JR北海道ク戦で本塁打を放つ日本製鉄室蘭シャークスの田畑=竹内幹撮影

打線につながり 室蘭市・日本製鉄室蘭シャークス(北海道) 5年ぶり4回目

 北海道2次予選の代表決定リーグ戦で、5年連続出場を狙ったJR北海道クとの接戦を制して3連勝し、5年ぶりの代表権を手にした。

 2次予選は選手一人一人が役割を果たすことで打線のつながりを生んだ。チーム打率は3割8分2厘。函館大出身のリードオフマン小林が打率5割7分1厘、中大出身の8番・田畑が指名打者で打率5割と、両新人が打線をけん引した。田畑はJR北海道ク戦で先制2ランを放ち、長打力も披露した。

 投手陣は2次予選で計9人が登板し、小刻みな継投で逃げ切りに成功した。抑えを務めた元オリックスの佐藤…

この記事は有料記事です。

残り559文字(全文843文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです