メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
企業とスポーツ

都市対抗出場・トップに聞く JR東日本・深沢祐二社長/シティライト岡山・丸山明社長

鉄道もチームワーク JR東日本・深沢祐二社長(64)

 東京都(JR東日本)と仙台市(JR東日本東北)がそろって出場するのは4年ぶり。両チームを「派手さは無いが投打のバランスが良く、全員野球で勝ち抜いてきた」と評価する。まずは初戦に力を尽くし「勢いに乗って勝ち進んでほしい」と期待している。

 「改めて鉄道と野球は似ている点が多い」と実感している。いずれも各ポジションが力を出し、チームワークを発揮することが大切だからだ。それがかみ合えば、鉄道は安全を守ることができ、野球は勝利につながる。

 会社の事業では最近、本業の鉄道にとどまらず、商業施設やホテルなどにも範囲が広がる。野球はグループの…

この記事は有料記事です。

残り433文字(全文726文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸自試験で集団カンニング、45人停職 教官漏えい、写真撮りスマホで同僚に拡散

  2. 中京学院大中京・藤田主将 高校No.1捕手が到達した「個々の強み生かすリード」

  3. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  4. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  5. 相次ぐ「エアドロップ痴漢」 設定変更で被害防止を

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです