メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊都市対抗

社会人野球・監督考 シティライト岡山・桐山拓也氏(31)

シティライト岡山の桐山拓也監督=岡山県倉敷市のマスカットスタジアムで2019年6月27日、安田光高撮影

 --今春まで2大大会の出場を懸けた試合で勝てなかったが、今年の都市対抗予選では何が変わったのか。

 ◆今季春先は企業チームに全敗。負ける度に投手はカウントを取る球の選択肢、野手は次の塁へどう進むかといった課題が出た。それをクリアし、勝てる試合が出てきて、やることをしっかりやれば、どんな相手でも勝機があると選手たちが感じたのが大きい。

 --中国2次予選では代打など途中出場の選手が活躍した。

この記事は有料記事です。

残り580文字(全文775文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 時代の風 菅政権1カ月 民主主義の本質は議論=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです