メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊都市対抗

社会人野球・監督考 シティライト岡山・桐山拓也氏(31)

シティライト岡山の桐山拓也監督=岡山県倉敷市のマスカットスタジアムで2019年6月27日、安田光高撮影

 --今春まで2大大会の出場を懸けた試合で勝てなかったが、今年の都市対抗予選では何が変わったのか。

 ◆今季春先は企業チームに全敗。負ける度に投手はカウントを取る球の選択肢、野手は次の塁へどう進むかといった課題が出た。それをクリアし、勝てる試合が出てきて、やることをしっかりやれば、どんな相手でも勝機があると選手たちが感じたのが大きい。

 --中国2次予選では代打など途中出場の選手が活躍した。

この記事は有料記事です。

残り580文字(全文775文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホームセンター、居酒屋、理美容店など営業認める 東京都が休業要請先公表

  2. 特集ワイド コロナショック 正確な現状分析なき「宣言」 元厚労相・前都知事、舛添要一氏

  3. 学生に「バイト来るな」 大学に「住所教えろ」 クラスター発生の京産大へ差別相次ぐ

  4. 東京都 感染拡大防止協力金に最大100万円 休業要請の事業者に

  5. なぜ布製?どうして2枚? マスク配布に広がる疑問や戸惑い その効果は

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです