メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊都市対抗

社会人野球・監督考 シティライト岡山・桐山拓也氏(31)

シティライト岡山の桐山拓也監督=岡山県倉敷市のマスカットスタジアムで2019年6月27日、安田光高撮影

チームプレーで挑む

 --今春まで2大大会の出場を懸けた試合で勝てなかったが、今年の都市対抗予選では何が変わったのか。

 ◆今季春先は企業チームに全敗。負ける度に投手はカウントを取る球の選択肢、野手は次の塁へどう進むかといった課題が出た。それをクリアし、勝てる試合が出てきて、やることをしっかりやれば、どんな相手でも勝機があると選手たちが感じたのが大きい。

 --中国2次予選では代打など途中出場の選手が活躍した。

この記事は有料記事です。

残り571文字(全文775文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  2. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  3. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  4. GSOMIAは継続 韓国が日本に伝達 政府関係者明らかに

  5. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです