メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊都市対抗

社会人野球・監督考 シティライト岡山・桐山拓也氏(31)

シティライト岡山の桐山拓也監督=岡山県倉敷市のマスカットスタジアムで2019年6月27日、安田光高撮影

チームプレーで挑む

 --今春まで2大大会の出場を懸けた試合で勝てなかったが、今年の都市対抗予選では何が変わったのか。

 ◆今季春先は企業チームに全敗。負ける度に投手はカウントを取る球の選択肢、野手は次の塁へどう進むかといった課題が出た。それをクリアし、勝てる試合が出てきて、やることをしっかりやれば、どんな相手でも勝機があると選手たちが感じたのが大きい。

 --中国2次予選では代打など途中出場の選手が活躍した。

この記事は有料記事です。

残り571文字(全文775文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  2. 「京アニ」火災 複数死亡20人不明 「放火した」男を確保 京都・伏見
  3. 「涼宮ハルヒの憂鬱」「らき☆すた」など製作 京都アニメーション
  4. 10人死亡か 「死ね」と叫び液体まく 京アニ火災
  5. 京アニのスタジオで火災 1人死亡30人以上けが 男「自分が放火」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです