メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

悲願の軌跡

シティライト岡山・都市対抗野球初出場/5 野球部の夢は会社の夢 「頑張る姿」社員も応援 /岡山

2008年2月に行われたシティライト岡山の結団式=シティライト提供

 「僕らの時にはかなわなかった夢を実現してくれてありがとう」。初代主将を務めた中塩路央視さん(37)は、悲願の本大会出場決定に、しみじみと口にした。

 2007年秋、丸山明社長が「野球を続ける子どもたちの受け皿を作りたい」と、硬式野球部を創部。岡山市では1973年にクラレ岡山が解散して以来、34年ぶりの企業チームの誕生とあって、2008年2月に行われた結団式は報道陣も詰めかけ盛大に行われた。

 練習環境や活動時間などは、当時も今もほぼ変わらない。ただ一つ違うのは、社員の野球部に対する理解。創…

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文928文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. フェレットにかまれ感染症で死亡の警官 公務災害と認定 大分県警

  4. ヤフーとLINE経営統合へ 月内にも基本合意目指し、最終調整

  5. 粗悪ホイール販売容疑 カー用品大手「オートウェイ」社長ら3人逮捕

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです