メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

悲願の軌跡

シティライト岡山・都市対抗野球初出場/6 仕事通じ生まれた絆 働く選手、周囲から評価 /岡山

ガソリンスタンドで働くシティライト岡山の小竹一樹選手=岡山市南区大福で、松室花実撮影

 「レギュラー満タンで!」。岡山市南区にあるガソリンスタンド。はつらつとした接客をする店員は、チームの4番打者・小竹一樹選手(26)だ。5年前の入社時からシティライトが運営するガソリンスタンドで働いており、「体力的にきついこともあるけど、野球をさせてもらっているので頑張れる」と、給油、洗車なども慣れた手つきだ。

 中古車販売から事業を拡大したシティライトでは、選手たちも車に関わる仕事に就いている。中古車のオーク…

この記事は有料記事です。

残り726文字(全文932文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. 巨人・坂本勇「主将になって4年間、プロ野球人生で一番苦しんだ」

  3. 松山大元教授を不起訴 当時の学生ら5人も 松山地検 

  4. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです