メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球の歌と平成のベストナイン発表 日本野球連盟

都市対抗野球大会90回と日本野球連盟70周年を記念した記者会見で、新しく制作した社会人野球の歌などについて説明する同連盟の広田勝己副会長(手前)と谷田部和彦専務理事=東京都文京区で2019年7月6日午前11時36分、竹内紀臣撮影

 社会人野球を統括する日本野球連盟(JABA)は6日、東京都内で記者会見を開き、JABA設立70周年と第90回都市対抗野球大会を記念した社会人野球の歌「我街(われら)の誇り」を発表した。作家の伊集院静さんが作詞し、数多くのヒット曲を手掛けた林哲司さんが作曲、編曲。13日正午から東京ドームで行われる都市対抗大会開会式の入場行進曲として使われる。

 平成の社会人野球界をけん引してきた「平成のベストナイン」も発表された。1992年バルセロナ、96年アトランタ、2000年シドニーの五輪3大会連続出場した投手で「ミスターアマ野球」と称される杉浦正則さん(51)ら指名打者を含む10人が選ばれた。【芳賀竜也】

この記事は有料記事です。

残り977文字(全文1277文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホンダ熊本が8強入り決める JR東日本は打線が沈黙 都市対抗

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 競馬ジャパンカップ アーモンドアイが有終の美 引退レースで最強証明

  4. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです