メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

「平成ベストナイン」表彰 「ミスターアマ」杉浦さんら

社会人野球「平成のベストナイン」に選ばれ笑顔を見せる(前列左から)杉浦正則さん、大久保秀昭さん、西郷泰之さん、工藤賢二さん、(後列左から)若林重喜さん、伊藤祐樹さん、林稔幸、池辺啓二さん=東京都文京区で2019年7月6日、竹内紀臣撮影

 東京都内で6日開かれた、第90回都市対抗野球大会と日本野球連盟設立70周年の記念祝賀会では、平成の社会人野球界をけん引した「平成のベストナイン」の10人が発表され、表彰式には8人が出席した。

 10人いずれも都市対抗野球もしくは日本選手権で優勝経験があり、社会人のベストナインにも選ばれている。

 投手部門で選ばれた杉浦正則さん(51)は、大阪市・日本生命で1992、97年の都市対抗で優勝し、最優秀選手賞の橋戸賞を2回獲得。五輪に3大会連続出場し、「ミスターアマ野球」と称された。「もう表彰されることはないと思っていたので、うれしい。92年に胴上げ投手になったことが最も印象的」と笑顔で話した。

 社会人唯一の現役で外野手部門選出の林稔幸選手(39)=スバル=は「選ばれた誇りを胸に今後の人生を歩んでいきたい」と喜びを表した。鹿嶋市・日本製鉄鹿島の補強選手として18年連続出場する、13日開幕の第90回都市対抗大会に向け「最も印象に残る大会にできるよう頑張ります」と意気込んだ。

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文804文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 痴漢 電車扉付近は注意 被害の9割集中 ポスター・女性専用車…警察・交通機関、対策に懸命

  3. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです