メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

悲願の軌跡

シティライト岡山・都市対抗野球初出場/8 ともに歩む応援団 統率より感情を大切に /岡山

出陣式でエールを送る佐野寛人団長らシティライト岡山応援団のメンバー=岡山市北区のホテルで、松室花実撮影

 「東京ドームで声を出せたら、これ以上幸せなことはない」。本大会初出場決定の瞬間は、応援団長の佐野寛人さん(35)にとっても、憧れの舞台への切符をつかんだ瞬間だった。

 「シティライト岡山応援団」は2008年にチームが公式戦に出場し始めるのと同時に発足。同年入社の佐野さんは、「新人だから」と、半ば強制的に加入させられた。当初は「こんなことをするために入社したわけではない……」と気が進まなかったが、学生時代にサッカー経験があり、「勝負ごとになると熱くなった」。徐々に思い入れを強くした。

 創部当時は野球部同様、応援団の存在も社内には浸透していなかった。公式戦で遠征する時は仕事を抜けなけ…

この記事は有料記事です。

残り635文字(全文928文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 長野・佐久でボランティア受け付け開始 若者ら232人が片付けに汗

  4. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ヶ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈り捧げる

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです