メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

俺たちの都市対抗

/1 社会人の華、成長の場 木浪聖也内野手(阪神・25歳)=狭山市・ホンダ出身

2017年の都市対抗1回戦で本塁打を放った木浪=森園道子撮影

 社会人1年目の2017年都市対抗1回戦は高松市・JR四国と対戦しました。応援のスタンドが赤に染まり初めての体験でした。

 第1打席は緊張しすぎて球が見えず三振しました。2打席目は待っている球種が来て振ったら右翼席への先制3点本塁打。ガッツポーズが自然と出ました。本塁打が出て余裕があったので、五回は思い切り打った結果が右前適時打。点数を取ると(チームやスタンドの雰囲気が)盛り上がります。七回コールド勝ちし、試合の流れは大事だと感じました。

 (都市対抗通算14本の個人最多本塁打タイ記録を持つ)西郷泰之コーチと話をして、下半身が弱かったのでウエートトレーニングやティー打撃に取り組みました。力がつくと、自信も出てバットが振れ、長打が打てるようになりました。西郷さんから教わったことはプロになった今も生きています。

この記事は有料記事です。

残り430文字(全文786文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 14歳長女「勇気振り絞りここに」 父がパワハラ自殺「水道局は反省を」 新潟で集会

  2. ソフトバンク本拠地が「ペイペイドーム」に看板掛け替え

  3. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  4. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

  5. 北海道、新型コロナ感染者の国籍・職業公表へ 情報原則公開方針転換

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです