メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR東日本東北・OBからのエール

第90回都市対抗野球/上 チーム力押し上げた静徹也元監督 /宮城

企画・地域共創課長として仕事に励む元野球部監督の静徹也さん=仙台市青葉区で

 13日に開幕する第90回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)に、JR東日本東北野球部は東北第1代表として登場する。今年で創部100年を迎えた同野球部。引退してユニホームを脱いだ後も社員として働き続けるOBたちが、4年ぶりに本大会に出場する後輩たちへエールを送る。【藤田花】

 JR東日本仙台支社事業部の企画・地域共創課の課長として、各駅舎内の店舗管理を行ったり、食材やイベントを通じて地元の魅力をアピールしたりと、地域活性化に取り組む静徹也さん(52)は同野球部の元監督だ。

 東北福祉大を卒業後、1990年にJR東日本東北野球部に入部。内野手として活動し、92年からは主将を務めた。42年以来、長らく本大会への出場を逃していた入部当時のチームは「低迷期」だったが、東北出身者だけでなく、全国から選手が集まるようになると、チームの実力は次第に向上した。

この記事は有料記事です。

残り779文字(全文1160文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  2. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  3. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです