メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
悲願の軌跡

シティライト岡山・都市対抗野球初出場/10止 岡山市、企業チーム空白の34年 再び活気、期待高まる /岡山

中国地区連盟副理事長の小屋敷繁さん=辻中祐子撮影

 都市対抗野球大会出場14回を誇る強豪・クラレ岡山が1973年に解散して以降、岡山市には社会人野球の企業チームがなかった。その空白を34年ぶりに埋めたのが、シティライト岡山だった。日本野球連盟理事で中国地区連盟副理事長の小屋敷繁さん(67)は「これを機に岡山の社会人野球に再び活気が出てきた」と振り返る。

 都市対抗に県勢が初出場したのは52年、第23回大会の岡山鉄道局(岡山市)。56年(27回)に三井造…

この記事は有料記事です。

残り741文字(全文943文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  4. 試合後、誰よりも早く本塁に向かった星稜の主将「相手をたたえたかった」

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです