メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

俺たちの都市対抗

/2 初の全国、湧いた闘志 勝野昌慶投手(中日・22歳)=名古屋市・三菱重工名古屋出身

2016年の都市対抗1回戦で六回途中まで無失点と好投した名古屋市・三菱重工名古屋の勝野=野田武撮影

 都市対抗は、高卒1年目から予選の大事な試合で投げさせてもらえました。重圧もあったけれど、自分の力を出せた。東京ドームでの本大会でも投げるチャンスをつかむことができました。

 1回戦の長野市・信越クラブ戦の3日くらい前に、佐伯功監督から「先発でいくぞ」と言われて「やってやるぞ」という気持ちが湧きました。野球人生で初の全国大会でしたが、東京ドームのマウンドに上がるのが楽しかった。スイッチが入り、打たれる気がしませんでした。

 2回戦の東京都・東京ガス戦は、同じ高卒で2学年上の山岡さん(現オリックス)との対戦。「勝ったら株が…

この記事は有料記事です。

残り452文字(全文713文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 女性刺殺事件、直前の容疑者写真公開 グレーのハーフコート、新潟駅周辺で撮影

  3. 沢尻エリカ容疑者を送検 麻薬取締法違反容疑

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 京都成章6大会連続の花園 京都工学院降しV 高校ラグビー

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです