メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

俺たちの都市対抗

/2 初の全国、湧いた闘志 勝野昌慶投手(中日・22歳)=名古屋市・三菱重工名古屋出身

2016年の都市対抗1回戦で六回途中まで無失点と好投した名古屋市・三菱重工名古屋の勝野=野田武撮影

 都市対抗は、高卒1年目から予選の大事な試合で投げさせてもらえました。重圧もあったけれど、自分の力を出せた。東京ドームでの本大会でも投げるチャンスをつかむことができました。

 1回戦の長野市・信越クラブ戦の3日くらい前に、佐伯功監督から「先発でいくぞ」と言われて「やってやるぞ」という気持ちが湧きました。野球人生で初の全国大会でしたが、東京ドームのマウンドに上がるのが楽しかった。スイッチが入り、打たれる気がしませんでした。

 2回戦の東京都・東京ガス戦は、同じ高卒で2学年上の山岡さん(現オリックス)との対戦。「勝ったら株が上がるぞ」と思ったけれど、投げ合ってみると力の差を感じました。それでもいつかはあれくらいの投手になり、プロから声が掛かるような選手になりたいという気持ちが芽生えた試合です。

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文713文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 14歳長女「勇気振り絞りここに」 父がパワハラ自殺「水道局は反省を」 新潟で集会

  2. ソフトバンク本拠地が「ペイペイドーム」に看板掛け替え

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  5. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです