メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企業とスポーツ

都市対抗出場・トップに聞く JR東海・金子慎社長/日本生命・清水博社長

JR東海の金子慎社長

打線、復調の兆し見せ JR東海・金子慎社長(63)

 強豪ひしめく東海2次予選で、最後の第7代表に滑り込んだ。2年連続29回目の出場を果たし、「故障者も多くて厳しい予選だった。選ばれれば同じ代表なので、まずは1勝して勢いに乗ってほしい」と切望する。

 苦しんだ一因は打線の低調さにあったが、第7代表決定戦は11安打で7得点を挙げて復調の兆しを見せた。故障していた選手も本大会ではおおむね復帰する見込みで、「予選で活躍した若手とかみ合い、(日本通運と対戦する)13日の初戦は良い状態で臨めそうだ」と期待を込める。

 イメージカラーのオレンジで内野席から外野席まで染まり、社員やグループ社員、OBらが一体で応援する雰…

この記事は有料記事です。

残り417文字(全文720文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです