メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第90回都市対抗野球

あす開幕 出場36チーム監督V予想 東芝、最多の18票

西関東第2代表に決まり、マウンド上で喜ぶ岡野(中央)ら東芝の選手たち=2019年5月29日、丸山博撮影

 社会人野球の第90回都市対抗野球大会は13日、東京ドームで開幕する。記念大会のため例年より4チーム多い出場36チームの監督に優勝候補(最大2チーム、自チームを含む)を挙げてもらったところ、西関東第2代表の川崎市・東芝が18票と最多だった。(20、21面に出場選手名鑑)

 出場チーム中最多7回の優勝を誇る東芝は、今春のJABA大会で安定した成績を残した。四国大会で優勝し、東京スポニチ大会は準優勝。京都大会でも4強入りした。エース岡野が安定しており、最速154キロの2年目右腕・宮川も控える。史上6チーム目(7回目)の大会連覇が懸かる大阪市・大阪ガスの橋口博一監督をはじめ、ほとんどが「投手力」を理由に支持した。

 同じく西関東で東芝を破って第1代表の横浜市・三菱日立パワーシステムズが8票で続いた。他チームから「投打のバランス」が評価されている。前回大会8強の東京都・鷺宮製作所が7票。東京第1代表で、エース臼井、社会人日本代表の4番を担った笹川と、東京ガスの投打の柱を補強した。

この記事は有料記事です。

残り436文字(全文876文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  2. 大阪市、ハトなどへの餌やり規制へ 10年前から一部住民が続け、ふん害発生

  3. 宝塚歌劇、雪組でも1人がコロナに感染 大阪で17日開幕の公演出演者

  4. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  5. 菅官房長官、アベノマスクしないのは「暑そうで」 ネット番組で

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです