メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第90回都市対抗野球

節目の大会、負けられぬ JR東日本東北、創部100周年/日生、創業130周年

JR東日本東北が53年ぶりの出場を果たした第66回都市対抗野球大会の初戦で、延長十回表に決勝本塁打を放った選手を歓喜の表情で迎えるナイン=東京ドームで1995年7月23日

 13日開幕の都市対抗野球大会は、今回が90回目で一つの区切りを迎える。出場チームの中には、今年が創部や会社の創業からの節目に当たるところもあり、「記念すべき年に優勝を」と闘志を燃やしている。【藤田花、岡村崇】

 JR東日本東北(仙台市)は今年、1919(大正8)年の創部から100周年を迎えた。その歴史は都市対抗よりも古く、27(昭和2)年に開かれた第1回大会にも出場している。当時のチーム名は「仙台鉄道局」。その後も毎年のように出場し、都市対抗の常連で知られた。

 戦後は低迷が続いたが、87年の国鉄民営化に伴って「JR東日本東北」として再スタートを切ると、95年…

この記事は有料記事です。

残り549文字(全文831文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  3. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  4. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  5. 九州新幹線、運転見合わせ 線路に人、ひかれたか 熊本・新八代駅

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです