メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

魔のドーム、リズム失った王子 勝手違った打球 得意な守備惑わせる 

○鹿嶋市・日本製鉄鹿島5-4春日井市・王子●=16日・東京ドーム

 じわじわと失点が重なり、追い詰められていく。春日井市は東京ドーム独特の環境に苦しみ、リズムをつかめないまま敗れた。

 四回の守備、1死から鹿嶋市・片葺が高々と打ち上げた飛球が灰色がかった屋根と重なり、中堅手の米満が見失って、後方に落ちる三塁打になった。ここから、続く日置の勝ち越し二塁打を招いた。

 米満は、安打の打球の処理が一歩遅れて打者に二塁まで進まれた場面もあった。東海理化の2年目で、今回は…

この記事は有料記事です。

残り494文字(全文724文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  2. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  3. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  4. NEWSの窓 国際 日本と韓国 関係悪化、影響広がる

  5. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです