メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

優勝候補の総合力 エース完投 下位打線で先制 前評判裏切らぬ東芝

○川崎市・東芝3―1名古屋市・JR東海●(16日・東京ドーム)

 優勝候補の筆頭に挙げられる川崎市の投打が初戦でかみ合った。エース岡野が1失点完投勝利を挙げれば、打線も好機を着実にものにした。

 相手の名古屋市は1回戦を戦っており、試合勘では分があるかに思えた。だが先に好機を作ったのは川崎市。四回1死満塁で、打席には9番・岡部。西関東2次予選では9打数1安打5三振と振るわなかったが、ここ一番で集中力を発揮し、右翼へ先制の2点二塁打を放った。この回、さらに1点を…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文577文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  2. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  3. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  4. NEWSの窓 国際 日本と韓国 関係悪化、影響広がる

  5. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです