メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企業とスポーツ

都市対抗出場・トップに聞く JR九州・青柳俊彦社長(65)

JR九州の青柳俊彦社長=浅川大樹撮影

 1927年の第1回に門司鉄道局として出場した歴史のあるチーム。2年連続で本大会を逃していたが、今年は若手の活躍で20回目の出場を果たした。「チームの成熟度が上がり、打線と守備が連携して力を発揮できた」と手応えを語る。

 野球部員は本業の鉄道でも“戦力”だ。練習場の近くの駅などで勤務し、引退後は駅長や…

この記事は有料記事です。

残り203文字(全文353文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オウム死刑執行 「本当の真実なくなった」河野義行さん

  2. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  4. 相模原殺傷事件 植松被告、控訴取り下げへ 「死を受け入れているわけではない」

  5. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです