メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

「打った瞬間いったかな」決勝2ランの日立・大塚、くすぶる思いを打球に

【室蘭市(日本製鉄室蘭シャークス)-日立市(日立製作所)】二回裏日立市1死一塁、大塚が先制の2点本塁打を左越えに放つ=東京ドームで2019年7月17日、吉田航太撮影

○日立市・日立製作所2―0室蘭市・室蘭シャークス●(17日・東京ドーム)

 豪快にバットを放り投げた。「打った瞬間いったかな」という確信が日立市の6番・大塚をそうさせた。打球は、オレンジと黄色のチームカラーで染まった左翼スタンドに吸い込まれた。東京ドームにかけた自身2本目のアーチが、貴重な決勝2ランとなった。

 二回1死一塁で右打席へ。「シンプルに振ることを突き詰めた結果」という右脇を開け、右肘を高い位置に置…

この記事は有料記事です。

残り478文字(全文682文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  2. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  3. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  4. NEWSの窓 国際 日本と韓国 関係悪化、影響広がる

  5. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです