メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第90回都市対抗野球

福山市・倉敷市5-2姫路市 福山市・倉敷市、4番殊勲

【福山市・倉敷市(JFE西日本)-姫路市(日本製鉄広畑)】一回表福山市・倉敷市1死一、三塁、先制の2点二塁打を放ち塁上で喜ぶ橋本=久保玲撮影

第5日(17日・東京ドーム)

 福山市・倉敷市が姫路市を振りきった。一回、橋本、三木の適時二塁打で3点を先取。九回に佐藤、橋本の連続適時打で突き放した。先発の河野は変化球を低めに集め、八回途中2失点。姫路市は八回、代打・斎藤と堀口の連続適時打で2点を返したが届かなかった。

33歳主将、準備万全

 右足を踏み込んで外角の速球を捉えると、打球は左中間を破った。11年連続で都市対抗の舞台に立った福山市・倉敷市の4番・橋本が一回に先制の2点二塁打を放った。

 一回1死一、三塁、フルカウント。姫路市の右横手・川瀬には左打者の内角に食い込む直球があるが、「外で…

この記事は有料記事です。

残り490文字(全文763文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 羽生SP97.43で2位 首位チェンは自己ベスト110.38 GPファイナル

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 羽生、大技で巻き返しか 3大会ぶり奪還狙う ファイナル2位発進

  5. 「側近もあぜん」首脳らヒソヒソ 動画にキレた? トランプ氏会見キャンセル、帰国

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです