メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
第90回都市対抗野球

古里・気仙沼を元気に 被災経験、京都市・日本新薬の千葉義浩捕手

【東京都(NTT東日本)-京都市(日本新薬)】京都市の先発・榎田投手(手前)に声をかける千葉捕手=東京ドームで2019年7月18日、久保玲撮影

 第90回都市対抗野球大会第6日の18日、初戦で敗退した日本新薬(京都市)の千葉義浩捕手(26)は、高校卒業直後に宮城県気仙沼市で東日本大震災を経験した。被災地では、東京ドームでの活躍を楽しみにしてくれている恩師や友人らがいる。「自分の頑張りで元気を届けたい」とグラウンドに立った。

 2011年3月11日、東北福祉大(仙台市)への進学を控え、硬式野球部の寮に入る数日前のことだった。気仙沼市の自宅にいたところ、突然大きな揺れに襲われた。さらに大津波警報が発令され、高台へと移動。生まれ育った街が津波にのまれ、がれきの山に変わっていくさまを見て衝撃を受けた。

 自宅は津波被害を免れ、両親やきょうだいら家族5人も全員無事だった。だが、親戚の中には津波から逃げ遅…

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文816文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  4. 衝突した車運転の男をひき逃げ容疑などで逮捕 栃木・鹿沼炎上事故2人死亡

  5. 「期待に応えられなかった」青島氏 与党テコ入れ利かず 埼玉知事選

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです