メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

JR九州、2度飛球見失う ドームの「怖さ」味わう

【大阪市(NTT西日本)-北九州市(JR九州)】一回表大阪市無死一、二塁、中堅手・犬塚が中西の飛球を見失って捕れず。記録は中前打=東京ドームで2019年7月19日、久保玲撮影

 ○NTT西日本(大阪市)4―2JR九州(北九州市)●(19日・東京ドーム)

 北九州市は東京ドームの「怖さ」を味わった。一回無死一、三塁。左翼手・岩切の頭上に相手打者の平凡な飛球が上がった。ところが、太陽光を通す東京ドームの日中の明るい天井とボールが重なり、「打った瞬間に消えた」。打球は天井を見つめる岩切の後方にぽとりと落ち、先制を許した(記録は中前打)。

 悪いことは続く。これを見ていた中堅手の犬塚は「自分も動揺してしまった」という。次打者が打ち上げた中堅への飛球を同じように見失い、中前打で満塁とピンチを広げた。結局、この回3点を失い、相手に優位に立たれてしまった。

 チームは東京入りした後、天井に特徴のある東京ドームでの練習で飛球の感覚を養ってきた。犬塚は「練習の打球と、試合で打者が強振した打球は見え方が違った。もっと落ち着いて見ていたら」と反省。野中監督は「しっかりと準備させられなかった私の責任」とかばった。

 打線も相手の継投に苦しみ、2安打12三振と四回の2点適時二塁打以外にいいところがなかった。一方で投手陣は柱の井上や吉田が好投し、全国で戦えるレベルにあることを改めて示した。「落ち着いて入れた。初回も(ミスがあったが)最少失点で抑えることができた」と吉田。3年ぶりの舞台で得た手応えと課題をもとにチームは再スタートを切る。【黒澤敬太郎】

決勝まで全試合無料ライブ中継

 毎日新聞では公式サイト(https://mainichi.jp/ama-baseball/kurojishi/live/)で決勝までの全試合を無料ライブ中継している。

あわせて読みたい

広告

7月25日の試合

話題の記事