メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三菱重工神戸・高砂の8年目・那賀、2打席連続本塁打

 ○三菱重工神戸・高砂(神戸市・高砂市)9―4JR四国(高松市)●(19日・東京ドーム)

 スムーズに振り出したバットで、左翼への大きな放物線を2度描いた。三菱重工神戸・高砂の5番・那賀が2打席連続アーチ。エース・守安が5回3失点で降板する「異常事態」に陥ったチームを救った。

 六回、2連打で1点差に迫り、なお1死三塁の好機。右打席に入り、高松市の2番手・平山に3球で追い込まれたが、経験豊富な29歳は慌てない。「バットに当てれば何とかなる」と大振りせずにファウルで粘り、6球目の高めに浮いた変化球を引っ張った。逆転2ラン。これで「初戦の硬さ」がとれると、七回には満塁本塁打を放って試合を決…

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文736文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです