メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR四国・水野 高卒ルーキーが驚きの一発

○三菱重工神戸・高砂(神戸市・高砂市)9―4JR四国(高松市)●(19日・東京ドーム)

 打球は右中間席へ一直線。高卒ルーキーが、社会人屈指の右腕である相手先発の守安から一発を放ち、山田監督やチームを驚かせた。

 同点で迎えた三回の第2打席。「変化球の制球が良い投手。カウントを整える変化球を狙っていた」。1ボールからの2球目、真ん中の落ちる球を強振。「打った瞬間、行ったと思った」という会心の一打は、一時、勝ち越しのソロとなった。

 香川・丸亀城西高では通算27本塁打をマーク。強打の1番打者として3年夏の甲子園にも出場した。複数の大学から誘いもあったが、「よりレベルの高い場所に身を置き、3年でプロを目指したい」と社会人の道を選んだ。入社当初は、バットが金属製から木製に変わり、戸惑いもあったという。それでも、振り込みを重ねてボールに対してバットが最短距離で出るスイングを体に染み込ませ、ウエートトレーニングにも励んで社会人投手の…

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文670文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 練習に遅刻…阪神・藤浪が2軍に降格 矢野監督「残念で信頼失う」

  2. こんな時どうするQ&A 次亜塩素酸を噴霧すると除菌できるの? 効果は確認されていません

  3. 国内感染、新たに74人確認で計1万7504人 死者は6人増の計903人

  4. 韓国で検察vs与党に発展か 元慰安婦支援団体の前理事長、横領疑惑を否定 

  5. 西村担当相「ポスト安倍」に浮上 コロナ対応の「顔」に「しゃべりたがり」批判も

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです