メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヤマハ・前野 芽生えた4番の自覚、さらに頼れる存在に

○JR東日本(東京都)7―1ヤマハ(浜松市)●(19日・東京ドーム)

 試合後、目を真っ赤にしてロッカールームから出てきた。「苦戦するとは思っていたが、こんな(点差がつく)展開になるとは思わなかった」。悔しさが収まらなかった。

 先制したのはヤマハだ。0―0で迎えた六回、先頭の秋利が左越えの二塁打で出塁した。1死三塁となり、左打者の自身に回ってきたところで、JR東が先発の右腕・太田から左腕の横田に代えた。左打者対策であることは明らかだった。

 「(左投手であることを)意識せず、1点を取ることだけを考えた」。2球目のスライダーを右犠飛とした。が、仕事らしい仕事はこの一打席だけ。それがまた悔しさを募らせた。

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文553文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです