メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヤマハ、予定通りの継投もJR東日本の勢いにのまれる

 ○東京都・JR東日本7―1浜松市・ヤマハ●(19日・東京ドーム)

 浜松市は予定通りにナテルから九谷、堀田と継投した。しかし、そのタイミングは想定していたより少し早い七回。そのためか、東京都の勢いにのまれてリードを守ることができず、室田監督は「もう少し点を取れていれば継投もゆっくりできた。仕方がない」とかばう。

 1点勝負と見たからこその継投だった。1点を先取した直後、ナテルが四球などで無死一、二塁とピンチを招き、九谷にスイッチ。1回戦で仙台市を封じた救援陣に自信を持っていたが、九谷が同点打を許すと、迷いなく堀田をマウンドに送った。

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文510文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  2. 「新型コロナの検査させて」 小学生らを誘拐未遂、容疑で23歳逮捕 兵庫県警

  3. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 NPB「19日開幕に影響ない」

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです