メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第90回都市対抗野球

神戸市・高砂市9-4高松市 神戸市・高砂市、中盤逆転

【高松市(JR四国)-神戸市・高砂市(三菱重工神戸・高砂)】七回裏神戸市・高砂市2死満塁、2打席連続本塁打を放ち、チームメートと喜び合う那賀(中央左)=北山夏帆撮影

 神戸市・高砂市が逆転勝ち。六回、和気の中前適時二塁打で1点差に追い上げ、那賀の左越え2ランで試合をひっくり返した。那賀は七回にも満塁本塁打を放って計6打点。高松市は水野と北尾の本塁打で四回までに2点をリードしたが、投手陣が踏ん張れなかった。

 スムーズに振り出したバットで、左翼への大きな放物線を2度描いた。神戸市・高砂市の5番・那賀が2打席連続アーチ。エース・守安が5回3失点で降板する「異常事態」に陥ったチームを救った。

 六回、2連打で1点差に迫り、なお1死三塁の好機。3球で追い込まれたが、経験豊富な29歳は慌てない。大振りせずにファウルで粘り、6球目の高めに浮いた変化球を引っ張った。逆転2ラン。これで「初戦の硬さ」がとれると、七回には満塁本塁打を放って試合を決めた。

この記事は有料記事です。

残り921文字(全文1259文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里氏を立件へ 夫の克行前法相と選挙で買収・共謀容疑 検察当局

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  4. 検察は黒川氏以外にも賭けマージャンをした者がいるか徹底的に調査せよ

  5. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです