メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パナソニック、5投手リレーで日本製鉄鹿島を2安打零封 都市対抗野球

【門真市(パナソニック)-鹿嶋市(日本製鉄鹿島)】鹿嶋市に勝利し、喜び合う門真市の選手たち=東京ドームで2019年7月20日、吉田航太撮影

 門真市が5投手による継投で鹿嶋市を2安打零封した。先発の城間は的を絞らせない投球で五回途中まで1安打無失点。打線は六回2死二塁から坂田の右翼適時二塁打で先制するなど少ない好機を得点につなげた。鹿嶋市は先発・伊藤を打線が援護できなかった。

 パナソニック・田中篤史監督 継投が思い通りにはまった試合。決勝適時打の坂田は(初…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文402文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  2. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  3. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  4. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

  5. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです