メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JFE西日本、救援左腕・中川が先発抜てきで好投 七回途中まで1失点

【福山市・倉敷市(JFE西日本)-東京都(鷺宮製作所)】力投する福山市・倉敷市の先発・中川=東京ドームで2019年7月20日、吉田航太撮影

 初戦から中2日。福山市・倉敷市はこの日の先発マウンドに、初戦で八回途中まで投げたエース河野ではなく、天理大から入社2年目の中川を送った。中国2次予選は救援で3試合、計2回3分の2しか投げていない。これが公式戦初の先発マウンドだ。

 味方打線の援護を受け、「一回一回全力で」と身長173センチは懸命に腕を振った。上位に左打者が多い東京都打線に対して、大きく曲がるカーブを見せ球に速球を投げ込む。多少の制球の甘さを緩急とキレの良さでカバーし、空振りを奪った。

 七回は「さすがに疲れから腕に張りが出た」という。1点を失ったところで救援を仰いだが、仲間からハイタッチの出迎えを受けた表情には充足感がみなぎった。

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文647文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. ボーガンで3人死亡 23歳逮捕「家族に矢放った」 兵庫・殺人未遂容疑

  5. 持続化給付金 なぜ再委託? 差額20億円の用途は? 説明渋る与党

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです