メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チームの重圧破る一撃 反転攻勢、口火切り結果出す 元気者の助っ人 

【福山市・倉敷市(JFE西日本)-東京都(鷺宮製作所)】七回裏東京都2死一、二塁、石川が右前適時打を放つ=東京ドームで2019年7月20日、吉田航太撮影

〇○福山市・倉敷市・JFE西日本8―4東京都・鷺宮製作所●(20日・東京ドーム)

 8点を追う七回2死一、二塁。カウントは3―1だった。「何が何でも食らいつく」。そんな気持ちから右前へ適時打を放った。そして、これまで苦しめられてきた福山市・倉敷市の左腕・中川を降板へと追い込んだ。

 社会人3年目。これまでは所属する東京ガスで出場しており、初めて補強で東京ドー…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文446文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. ボーガンで3人死亡 23歳逮捕「家族に矢放った」 兵庫・殺人未遂容疑

  5. 持続化給付金 なぜ再委託? 差額20億円の用途は? 説明渋る与党

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです