メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第90回都市対抗野球

東京都・明治安田生命 味で支えた「陰の監督」

上田さんの遺影を手に、初戦の試合を観戦した妻の睦子さん=東京ドームで2019年7月18日、川村咲平撮影

 第90回都市対抗野球大会第8日の20日、3回戦で敗退した明治安田生命(東京都)には「じいじ」の愛称で親しまれた料理人がいた。選手が食事をするクラブハウスの食堂で働き、昨年に亡くなった上田徹さん(享年71)。時に優しく、時に厳しく接してくれた感謝を胸に、ナインは試合に臨んだ。

 上田さんは20年以上、野球部など会社の運動部のグラウンドがある東京都八王子市のクラブハウスで料理人として働いた。栄養やカロリーを考え抜いたメニューで昼食を振る舞い、おいしいと評判だった。選手との交流も大好きで、休日には若手らを自宅に招いて食卓を囲んだ。孫ができると「じいじ」のニックネームがついた。

 自身も青春時代は甲子園を目指し、岡山商科大で監督を務めた野球人。試合を観戦すると、選手に「ダメ出し」をする一面も。重信拓哉コーチ(33)は「現役時代、いつも『コントロールが悪い』と言われた」と苦笑いする。親しみを込めて「陰の監督」とも呼ばれた。

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文793文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 120度の高温で生息する微生物群発見 海底下1200メートル掘削調査

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 特集ワイド 菅首相の手法、強権的 有言実行、だから信じたが… 江田憲司・立憲民主代表代行

  5. 「自分が冤罪被害とは」事故1年後に逮捕の母 乳幼児揺さぶられ症候群

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです