メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

「あの1球が悔やんでも悔やみきれない」3ラン被弾のJR東日本の太田

【大阪市(NTT西日本)-東京都(JR東日本)】一回表、2点を先制されて東京都の堀井監督(右)、捕手渡辺と打ち合わせて次の投球に臨む先発の太田=東京ドームで2019年7月21日、吉田航太撮影

○大阪市・NTT西日本6―3東京都・JR東日本●(21日・東京ドーム)

 一回に右翼スタンドに運ばれた1球が試合の流れを決めてしまった。初戦に続いて先発を任されながら、3回5失点でマウンドを降りた東京都の太田は「あの1球が悔やんでも悔やみきれない」とうつむいた。

 一回、2番から4連打され2点を失った。マウンドに来た堀井監督から「どんどん打者と勝負していこう」と指示され、「(2点は)仕方ない」と気持ちを切り替えた。しかし、相手の7番に変化球をとらえられ、痛恨の3ランを浴びた。降板してからは逆転を信じて声を出すことしかできなかった。

 鹿児島・れいめい高卒。190センチの長身から繰り出す直球が最大の武器で、昨年の都市対抗では3試合で計11回3分の1を投げて無失点に抑え、若獅子賞(新人賞)に輝いた。

 田嶋(現オリックス)、板東(現ソフトバンク)と先輩のプロ入りを見送って迎えた3年目の今季、チームを引っ張る強い自覚を持つ。投球の幅を広げるため、カーブなど変化球にも磨きをかけてきた。今大会の初戦では変化球を中心に打たせてアウトを奪った。

 だが、この日は変化球で大量失点。試合後、「もっと直球で勝負できるようになりたい」と課題を挙げた。名門チームを勝たせるエースとなるために、献上した5点を糧にする。【円谷美晶】

公式サイトで無料ライブ中継

 毎日新聞では公式サイト(https://mainichi.jp/ama-baseball/kurojishi/live/)で決勝までの全試合を無料ライブ中継している。

あわせて読みたい

広告

7月25日の試合

話題の記事