メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

悔やまれる特大の一発被弾 何より「勝てる投手になりたい」胸に

【神戸市・高砂市(三菱重工神戸・高砂)-日立市(日立製作所)】二回裏日立市2死、大塚(奥)に左越えソロ本塁打を打たれた神戸市・高砂市の先発・尾松(手前)=東京ドームで2019年7月21日、矢頭智剛撮影

三菱重工神戸・高砂・尾松義生投手(26)

○日立市・日立製作所1ー0神戸市・高砂市・三菱重工神戸・高砂●(21日・東京ドーム)

 二回2死まで完璧に抑えたところで「過信が生まれた」という。日立市の6番・大塚に甘く入った直球をとらえられ、左翼最上部の壁に当たる特大の本塁打。打たれた本人も驚きの表情を浮かべたほど。「悔やまれますね」とつぶやいた。

 前回大会で久慈賞(敢闘賞)を獲得したエース守安頼みからの脱却が、チームの長年の課題だった。拓大から…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文549文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  3. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  4. 男子1位は中村匠吾 愚直な努力家、2度のスパートで「4強」破る MGC

  5. 男子2位の服部、設楽の独走に「冷静でいられなかったが、自分の走りできた」 MGC

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです