メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

終盤、好機の連続にあと一本が出ず 前回準Vの三菱重工神戸・高砂が姿消す

【神戸市・高砂市(三菱重工神戸・高砂)-日立市(日立製作所)】八回表神戸市・高砂市2死満塁、渡(右)が三振に打ち取られる。左はそろってガッツポーズする日立市バッテリーの高橋(手前)と中園=東京ドームで2019年7月21日、矢頭智剛撮影

○日立市・日立製作所1―0神戸市・高砂市・三菱重工神戸・高砂●(21日・東京ドーム)

 伸びのある直球にバットが空を切った。1点を追う八回。神戸市・高砂市は代わったばかりの日立市の3番手の本格派右腕・高橋(スバルから補強)を攻め立て1死満塁としたが、6番・国久、途中出場の渡が連続空振り三振。相手を上回る7安打を放ちながら、決定打を欠いて前回準優勝チームは3回戦で姿を消した。

 終盤は好機の連続だった。富監督は七回2死一、二塁から代走や代打を送って仕掛けたが無得点。九回も2死三塁としたが、代打・徳田が外角直球に空振り三振。富監督は「バットに当てないと何も起こらない」と嘆くしかなかった。

 近畿2次予選で打席に立っていない、控え捕手で入社5年目の渡は「相手の一番良い球である直球を待っていた」と明かす。狙い通り、高橋が投じたのは7球全てが140キロ台の直球。それでも捉え切れなかった。渡は「甘いコースもあったが1球で仕留められずファウルになった」と力不足を認めた。

 投手陣は唯一補強した栗山を含む3投手で1失点。4年目の左腕・尾松が先発し、長年孤軍奮闘してきたエース・守安を使わずに強打の日立市と接戦を演じた。守りの面では「守安頼み」を脱却できただけに、打線の課題が浮き彫りになった。「安打は出ている。あとは最後の詰めだけ」と富監督。苦い経験を糧にする。【石川裕士】

公式サイトで無料ライブ中継

 毎日新聞では公式サイト(https://mainichi.jp/ama-baseball/kurojishi/live/)で決勝までの全試合を無料ライブ中継している。

あわせて読みたい

広告

7月25日の試合

話題の記事