メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

都市対抗◎日立製作所「恐怖の6番打者」大塚 2戦連発!「練習でもない最高の感触です」(スポニチ)

【神戸市・高砂市(三菱重工神戸・高砂)-日立市(日立製作所)】二回裏日立市2死、大塚がこの試合唯一の得点となるソロ本塁打を左越えに放つ=東京ドームで2019年7月21日、矢頭智剛撮影

[PR]

第90回都市対抗野球大会 第9日 3回戦

 ○日立製作所1−0三菱重工神戸・高砂●(21日・東京D)

 日立製作所の「恐怖の6番打者」大塚の特大アーチが試合を決めた。2回2死から左翼上部の壁を直撃する130メートル弾。虎の子の1点を3投手が完封リレーで守った。「甘い球なら初球からいこうと…。練習でもない最高の感触です」。初戦の日本製鉄室蘭シャークス戦に続く2試合連発に笑顔を振りまいた。

 入社8年目の今季、右肘を開けたまま振り下ろす「フライングエルボー打法」を取り入れた。「ボールに強く力を伝える。シンプルに強く打ちたかった」。大谷の同僚トラウトのビデオも見つつ試行錯誤の末、たどりついた。チームが準優勝した16年は2回戦で右手中指と人さし指を骨折しメンバーから外れた。その悔しさを晴らす時が来た。

 ▼三菱重工神戸・高砂富光男監督(昨年準Vチームが零敗を喫し)まさかゼロで終わるとは…。終盤のチャンスで(打者が)三振してしまった。(スポニチ)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  4. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  5. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです