メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第90回都市対抗野球

川崎市10-1福山市・倉敷市 川崎市、12安打大勝

【川崎市(東芝)-福山市・倉敷市(JFE西日本)】二回表川崎市1死三塁、村上が先制の2点本塁打を左中間に放つ=丸山博撮影

第11日(23日・東京ドーム)

 川崎市が12安打10得点で大勝した。二回に2者連続本塁打となる村上の2ラン、石川のソロで3点を先取。五回は3連続適時打と柴原の左越え3ランで一挙6点を挙げた。福山市・倉敷市は10安打を放ちながら、三回の佐藤の適時打による1点にとどまった。

補強の村上、勢いつける

 補強選手の活躍がなければ、勝ち抜けない。そう言っても過言ではないほど、本大会での重要度は高い。JX-ENEOSから補強され、今大会初先発した川崎市の6番・村上が新人らしい思い切りの良さを見せた。

 二回1死三塁で右打席に立った。福山市・倉敷市の左腕・河野が得意とする直球に狙いを定め、普段よりバッ…

この記事は有料記事です。

残り511文字(全文805文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 青森県困惑 800円の「県民手帳」、4倍でメルカリ出品 「こぎん刺し」模様などの限定版

  2. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. 堺市立小教諭、教え子の中1少女にキス 口止めも 強制わいせつ容疑で逮捕

  5. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです