メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ピンチに動じないリリーフエース 絶体絶命の場面も三振に 

トヨタ自動車・佐竹功年(かつとし)投手(35)

○豊田市・トヨタ自動車5-4大阪市・日本生命●(23日・東京ドーム)

 1点リードの九回からマウンドに登った。いきなり初球を同点のソロ本塁打とされて、今大会初失点。それでも「負けをつけるわけにはいかない」。その後も得点圏に走者を背負っても勝ち越しは許さなかった。

 本領を発揮したのは、タイブレークの延長十二回だ。2死満塁から途中出場の大阪市・田口を見逃し三振に仕…

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文545文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  2. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  3. 診療所のクマ、冬眠中の親子か 3頭を捕獲、けが人なし 新潟

  4. 菅官房長官、桜を見る会「説明足りないとも思う」「国民から理解されていない」

  5. 「納得されていない方がたくさん」「疑惑というのは、よく分かりません」 菅長官会見詳報

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです