メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九回に同点ソロ 社会人を代表する右腕に浴びせた、ベテランの意地の一撃

◇大会第35号◇【大阪市(日本生命)-豊田市(トヨタ自動車)】九回表大阪市無死、同点となるソロ本塁打を放ち喜ぶ広本=東京ドームで2019年7月23日、吉田航太撮影

日本生命・広本拓也一塁手(30)

 ○豊田市・トヨタ自動車5-4大阪市・日本生命●(23日・東京ドーム)

 1点リードされた九回の攻撃。この回から豊田市は社会人野球を代表する右腕・佐竹が登板した。先頭打者として打席に入り、初球の甘いストレートをたたくと、打球はバックスクリーン右に飛び込んだ。「コントロールがいいことはわかっていた。初球から行くつもりだった」。起死回生の同点ソロだった。

 かつてはクリーンアップを打っていたが、今大会では下位の7番を任されている。世代交代の流れの中でチー…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文553文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  3. 「私生活動画」収集計画のIT会社、参加希望者のメアド流出

  4. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  5. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです